【競技ルール】 6人制・9人制 バレーボール競技規則

スポーツ競技規則Navi

6人制・9人制バレーボール競技規則




コートの広さ ネットの高さ ラインの太さとラインテープ必要巻数
6人制
(アタック
ライン)
9人制 6人制 9人制 6人制 9人制
ライン
の太さ
ラインテープ必要巻数 ライン
の太さ
ラインテープ必要巻数
ポリプロ
ピレン
ビニール ポリプロ
ピレン
ビニール
一般 18×9m(3m) 21×10.5m 2.43m 2.38m 5cm 2 5 5cm 2 4
18×9m(3m) 18×9.0m 2.24m 2.15m 5cm 2 5 5cm 2 4
高校 18×9m(3m) 21×10.5m 2.40m※ 2.25m 5cm 2 5 5cm 2 4
18×9m(3m) 18×9.0m 2.20m※ 2.05m 5cm 2 5 5cm 2 4
中学 18×9m(3m) 20×10.0m 2.30m※※ 2.15m 5cm 2 5 5cm 2 4
18×9m(3m) 18×9.0m 2.15m※※ 2.00m 5cm 2 5 5cm 2 4
小学男女 16×8m(2.7m) 16×8.0m 2.00m※※ 1.90m 5cm 2 4 5cm 3
家庭婦人 18×9.0m 2.05m 5cm 2 5 5cm 2 4
※都道府県大会にのみ適用。ブロック・全国大会は一般と同じ ※※全国大会にのみ適用

■6人制バレーボール
〈コート〉
@広さは、図1のとおり。競技場表面から最低7mの高さまでに障害物があってはならない。
Aラインの幅はすべて5cmで、色は床と異なる明るい色でなければならない。(公式国際試合は白色)。

〈ネット〉
@幅1cm、長さ9,5m〜10m、網目10cm平方で上端に幅5cm(FIVB世界大会では幅7cm)の白帯をつける。
Aサイドバンド:サイドライン上のネットに、幅5cm、長さ1mの白いテープをつける
Bアンテナ:サイドバンドの外側に接してネットの上端から80cm上方に出るようにとりつける。
直径1cm、長さ1,8m、グラスファイバーか、それに類似した弾性のある棒状のもので、10cmごとに対照的な色(なるべく赤と白)を塗る。
C支柱:サイドラインの外側0,5〜1,0mの位置に立てる。高さは2,55m。
Dネットの高さ:上記別表のとおり。

〈ボール〉
@球状で、ゴムまたはそれに類似の物質で作られた中袋を柔軟な皮革または合成皮革でおおったもの。
色は均一で明るい色か複数色の組み合わせであること。
Aボールの規格 ⇒ こちらを参照

〈チーム〉
@1チームは最大12人の競技者(内1名リベロ・プレーヤーの登録可)、それぞれ1人の監督、コーチ、医師、トレーナーで構成される。
A試合前、記録用紙に記載された競技者だけが試合に出場できる。
Bキャプテンと監督が記録用紙にサインした後で競技者を変更することは出来ない。

〈競技者の服装〉
同一色に統一されたジャージ・パンツ・ソックスを着用する。(リベロ・プレーヤーを除く)

〈競技内容〉
1チーム6人からなる2つのチームが、コートの中央に設けられたネットをはさんでたがいにボールを打ち合って得点を争う。

〈リベロ・プレーヤー〉
@リベロ・プレーヤーはバックの位置にいるどの競技者とでも交代することが出来る。
Aコート・フリーゾーンどの位置からも、ネット上端より完全に高い位置にあるボールにアタック・ヒットできない。
Bリベロ・プレーヤーがフロント・ゾーン内で指を用いたオーバーハンドパスを他の競技者が、ネット上端より高い位置でアタック・ヒットを完了できない。
但しフロント・ゾーンより後ろからのオーバーハンドパスの場合アタック・ヒットを完了することができる。

〈得点と勝敗〉
@一つのセットは(第5セットを除く)最小限2点差をつけて先に25点を得たチームが勝者となる。
24対24の場合は、2点リードに達するまで続行される(26対24・27対25)。
A試合は3セット取ったチームが勝者となる。

※2002年度6人制バレーボール競技規則による。

■9人制バレーボール
〈コート〉
@広さは、図2のとおり。
A区画線の幅は5cmである。

〈ネット〉
@幅1m、長さはエンドラインの長さ+50cm以上、網目10cm平方で、上端に幅5cmの白帯をつける。
A高さは別表のとおり。
Bサイドバンド:幅5cm、長さ2mの白いテープ。
ネット両端に、二つに折ってサイドラインに垂直につける。
Cアンテナ:サイドバンドから外側に20cm離してつける。

〈ボール〉
@柔軟な皮革または人工皮革(材料はJVAの決定による)。中袋は6人制と同じ。
Aボール規格 ⇒ こちらを参照

〈競技内容〉
1チーム9人からなる2つのチームが、コートの中央に設けられたネットをはさんでたがいにボールを打ち合って得点を争う。

〈得点と勝敗〉
@サービス権に関係なく得点が与えられる。サービス・チームがプレーを失敗した場合、サービス権も相手チームに移る。
A21点を先取したチームがそのセットの勝者となる。
B両チームの得点が20対20になったときは2点勝越したチームがそのセットの勝者となる。
C1試合は3セットで、2セット先取したチームがその試合の勝者となる。

※2007年度9人制バレーボール競技規則より抜粋。

社会人・大学・高校はバレーボール5号を使用します。→ 詳細はこちら
中学校・家庭婦人(ママさんバレー)はバレーボール4号を使用します。→ 詳細はこちら

※競技規則は、変更となる場合があり、最新情報の確認が必要となります。
最新情報や公式競技規則の入手等につきましては、下記のリンクよりバレーボール協会にてご確認下さい。
各スポーツの協会等についてのページへ

6人制・9人制バレーボール競技規則 ビーチバレーボール競技規則 ソフトバレーボール競技規則 ボール サイズ規格




Copyright (C) スポーツ競技規則Navi All Rights Reserved.