【競技ルール】 サッカーとフットサルの違い

スポーツ競技規則Navi

サッカーとフットサルの違い


サッカー フットサル
競技場 縦45〜90m、横90〜120cm 縦15〜25m、横25〜42cm
ライン幅 12cm以下 8cm
ゴール 7.32×2.44m、厚さ12cm未満 3×2m、厚さ8cm
ボール ・周囲 68〜70cm
・重量 410〜450g
・空気圧 0.6〜1.1bar
・周囲 62〜64cm
・重量 400〜440g
・2mの高さから落とした最初のバウンドが50〜65cm
・空気圧 0.4〜0.6bar
競技者数 11人
1度交代すると出られない
5人
何度でも交代できる
審判 主審1人、副審2人
(主審のみ笛を持つ)
主審1人、副審1人
(ともに笛を持つ)
競技時間 前後半とも45分 前後半とも20分間
前後半に1回ずつ各チームは1分間の
タイムアウトをとることができる
オフサイド あり なし
ボールが
タッチラインを越えたとき
スローイン(投げる) キックイン(蹴る)
味方のボールが
ゴールラインを越えたとき
ゴールキック(蹴る) ゴールクリアランス(投げる)

※4号球は日本サッカー協会の規格。(周囲・重量はFIFA基準)最適圧力:0.6〜1.1bar(協会規定)。直径は目安。

サッカー競技規則 フットサル競技規則 サッカーとフットサルの違い ボール サイズ規格




Copyright (C) スポーツ競技規則Navi All Rights Reserved.